聞きづらい悩みの対処法

体のことやお金など,生活上の悩みで,他人に聞きづらい悩みの解決策を調べます。

足の指の爪水虫を,飲み薬を使わず塗り薬だけで治す方法。クリアネイルや軟膏を根元に,冬場も塗り続けること

 

足の指の爪が黒くなって,爪が分厚くなってボロボロになる・・・という症状。

これが爪水虫だ。

 

爪の材料はたんぱく質だが,それをエサにして菌が繁殖しているという状態だ。

 

爪水虫は塗り薬で治る !? のウソ・ホント
http://nayami-110.moo.jp/page097.html
-爪や皮膚を作るタンパク質(ケラチン)をエサにする白癬菌と呼ばれる真菌の一種が、爪の中で繁殖しているために起こる爪の病気

 

爪水虫を持っている人は非常に多い。

とくに女性はかかりやすい。

ストッキングが湿気をためてしまったり,ファッションが制限されるという恐れから治療に踏み切れなくて悪化させてしまったり。

女性の爪水虫には塗り薬のDr.G'sクリアネイルが最適です。
http://www.kansai.ne.jp/hishokan/
- 女性の場合、更に汗を吸収しにくいストッキングでそのまま靴を履くことも多いため、結果的に短期間で白癬菌が爪の内部でも増殖し、その症状がドンドン発展してしまう

-爪水虫を治療するには一定期間ペデュキュアを控えなければいけないという、ファッションを制限されてしまうというイメージも強いせいで、症状が重度になるまで放置されてしまいがち

 

皮膚と違い,爪は硬い。
なので,一般的な塗り薬では,爪水虫は治しづらい。
飲み薬を服用するのが普通だ。

一般用医薬品で治りますか?:爪ネット/ノバルティスファーマ株式会社
http://www.tsumenet.com/yakuhin/
-足などの皮膚にできた水虫は塗り薬で治療しますが、爪の水虫(爪白癬)の場合、爪は硬いため塗り薬を塗っても爪の中になかなか薬が行きわたりません。

-爪の水虫は主に飲み薬でからだの内側から薬の成分を爪の中に浸透させて白癬菌をやっつけます。この飲み薬による治療で、爪白癬は約7割から8割程度の方が完治する

 

しかし,飲み薬は副作用があってめまい・はきけに悩まされるし,

肝臓に負担がかかるから嫌だ・・・と感じる人も多い。

毒を飲んで体内から菌をやっつける,という手段なのだから,抵抗を感じるのも当然だろう。

 

飲み薬を使わずに,塗り薬だけで爪水虫を治したい。

 

その場合,アメリカで有名な「クリアネイル」が日本でも人気だ。

硬い爪の奥まで成分がしみこむので,効果が出やすい。

爪水虫の薬でいちばん効くのはコレ!
http://爪水虫の薬ならココ.com/
-外用薬を使って治療することが一般的なアメリカで主に販売されているもののなかで、最も評価が高いものがあります。 それは「クリアネイル」です。 ではなぜ、評判が良いのでしょうか。 有効成分が爪の下まで浸透! 爪というものは厚みがあって、薬の成分が浸透しにくいんです。 クリアネイルは浸透力がずば抜けて高く、その浸透力は特許も取得

 

「クリアネイル」以外の塗り薬だと,「ウインダム」のような軟膏が効果あり。

期間は1ヶ月ぐらいで効果が現れる。

Sunday Gamerのブログ:【夏の後遺症】爪水虫(爪白癬)を6年かけて、薬を飲まずに治した。【水虫】
http://sg.blog.jp/archives/51910653.html
-水虫(白癬菌)の外用薬は軟膏が一番効果が高い。 基本中の基本を忘れていた。しかし、水虫の外用薬で軟膏のモノはほとんどないのが残念。ウインダムくらいか。


爪水虫(爪白癬)塗り薬だけで治るでしょうか? - 病気 - 教えて!goo
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5278496.html
-三共ヘルスケアのWINDOMという塗り薬を試しています。

-分厚くなった爪の表面をヤスリで削って塗っています。 全く期待はしていなかったのですが、塗り始めて数日で爪表面に変化が現れ、現在1ヶ月目くらいですが根元~半分程まで白濁がピンク色に戻りました。(液がよく伸びて長持ちしますので1日1回でいいようです。)

 

塗り薬の使い方のポイントは,爪の根元の部分に,めん棒などで良く塗ること。

 

爪は伸びていくものだから,さきっぽだけ治しても意味ないのだ。

根元から菌をつぶしていかないと,非効率的。

爪水虫の塗り薬の使い方
http://www.thatday.net/nail/01/ent1767.html
-爪水虫で塗り薬の使い方のポイントは、爪の根っこの部分と爪の周りにしっかりと水虫の薬を塗り込むことです。そこから爪全体へ薬を伸ばしていきます。

 


水虫と爪水虫の治療 薬で治すのに最も大切なこと
http://hongkongtoejoho.azalio.com/
-水虫の市販薬・大衆薬は「第2類医薬品」に分類されますが、殺菌効果の高い成分「塩酸ブテナフィン」や「テルビナフィン塩酸塩」を配合した塗り薬が主流で、近年は製品の種類も増えています。 通常の軽い水虫ならばこれらの市販薬を一日1回、患部およびその周辺にも広範囲に塗り続けることによって、1~2週間もすれば、たしかに自覚症状は治まってくるでしょう。

 

湿気があるときは症状が強い。

冬の乾燥した天気だと,症状が少し和らぐように見える。

そのときにも塗り薬をしっかりと塗り続けることが,治療のポイント。

爪白癬。飲み薬がだめだった方、塗り薬で治りましたか? - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1131565366
-冬などで症状が治まるのは冬では低温で湿度が低いからです。 その時に薬を塗るのをやめてはいけません。症状が治まっている時がチャンスです。